カテゴリ:自己紹介( 1 )

a0065481_022178.jpg

◆ちょ~、さいきん
きづいたんですけど、論理と哲学が好きみたいです☆
どうやら―
酒と小説とえ~がとおっしゃれ~とARTとDANCEとMUSIQはいわずもがな、「む~ちょ!」☆

◆あ、あとは出身は東京郊外、育ちは東京ですが、ヨーロッパのはじ<バルセロナ>とアメリカのすみっこ<サンフランシスコ>にしばらくいました。BEATNIKって感じんとこで、たっぷりリラァ~クスして、おしゃれして踊って、いろんな国の友達つくって、いろいろ食べて、音楽きいて、詩とかARTとかかんしょ~とかして、映画見て、景色みて、ぽわぁ~んと遊んでました☆

◆しゃべるだけなら、3ヶ国語(英語、スペイン語、日本語)できます!「字」はあまり書けません。イタリア語とフランス語と中国語、ロシア語とか興味ある!―わんわんわん。インディアンの言葉とかアフリカ語とかアラブ語とか習いたい☆言葉ってけっこ~好きかも~。やばい。ぢつはEDGEなヤツなのかしらん。自分ってよくわかりません。

◆趣味は、宇宙観察、国家観察、社会観察、人間心理観察、細胞観察、フォルム観察、夢観察、言葉採集、お洒落、読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、美術鑑賞、書道鑑賞、お酒、ラーメン食べ歩き―等々☆

◆好きな食べ物は、秋刀魚とがんも、おでん、牡蠣、ニラ、ネギ、ニンニク、オリーブオイル、ホルモン、レバー、内臓系、ぐにゅぐにゅしたもん、ちゅるちゅるしたもん、ぴゅるぴゅるしたたる液体、しこしこしたもん、さっぱりしたもん☆

◆けっこう、大食漢で大酒呑み、こうみえて☆

◆好きな音楽は、ロックとかテクノとか、お洒落で反逆的なの☆

◆好きなファッションは古着☆
古着ばっかりきてまふ。

◆映画・小説・哲学・美術・ファッションLOVERです☆
映画・小説・哲学・美術・ファッションを愛してます。
こころから☆

◆ひとつの歴史やひとつの国、ひとつの現実、ひとつの自分について、ほとんど興味がありません。ひとつの歴史やひとつの国、ひとつの自分のなかにいながら、べつの歴史やべつの国、べつの現実、べつの自分のことばかり考えています。ずっとそうだったし、これからもたぶんそうなんでしょう。きっと。以前はおかしいのかなぁ~と思っていましたが、最近はもうしょうがないと、すっかりあきらめています☆

◆かなり、マイペースです。

◆つまり、人は人、ぼくはぼく―だ、と考えています。

◆好きなアーチストは、ロートレアモン伯爵、ダミアン・ハースト、バラード、バロウズ、ジム・キャロル、SEX ピストルズ、ギブスン、THE HORRORS―など残虐でドラッギーで「ホラーな人々」、マグリット、藤子不二雄、カフカ、コールハス、ガウディ、磯崎新、ピカソ、ミロなど「都市シュールな人々」、ケルアックやギンズバーグ、ピンチョン、ヴェンダースなど「ビートニックで越境な人々」、フロイトとかデヴィットリンチ、キューブリックとか「夢な人々」、プルーストやガルシア マルケスなど「時な人々」、レヴィストロースやドストエフスキー、鈴木大拙とか「霊性の人々」、エイゼンシュタイン、チャップリンやバスター・キートン、手塚治虫、宮崎駿のような「原始映像言語な人々」、ドゥルーズ、ボードリヤール、フーコー、ジジェクなど「知性な人々」、アルマーニ、ギャルソンやヤマモトやアンダーカバー、ヴィヴィアン、ジョンガリ、FRAPBOISなど「その時をきらめかせるモードな人々」、ビョーク、エイミー、吉本ばななといった「ガーリーな人々」、レーニンやゲバラ、スターリン、トロッツキー、ゴダール、YMO、スティーブン・ジョブズといった「革命な人々」、夏目漱石、谷崎といった「ぐうたらな人々」、う~ん あとは三島由紀夫や京極夏彦や横溝正史、岡倉天心、小津安二郎、市川崑、今村昌平のような「ジャパな人々」―ってところかしらん☆

◆一般にいわれる新しいものはきらい。
古いもののなかにみいだされる新しいものが好き。

◆ドストエフスキーのキャラでは、「ニコライ・スタヴローギン」ファンです。

◆興味があることは「イメージ」をあやつること☆
フロイト風にいうと「イメージ」とは「言葉」なので、結果として「言葉」をあやつることが「イメージ」をあやつることだと思う。

◆「夢みること」、「恋すること」、「宇宙とあそぶこと」、「革命家に「なる」」こと―が、人生の「最終目標」です☆

◆個人的にうったえたいことは―
日本人、もっとお洒落せよ!!―ということです。
知性とお洒落は人生において欠かせない二つのテーマです☆
卵つけて、あたまをピカピカみがけ!
そしてお洒落せよ―日本人!!
―と、思うときもそんなでもないけれども、「たま~」にあります☆

◆「ラテン」系です。
かなり―「なんちゃって」です☆

◆あこがれは、芸術肌と詩人肌と学者肌のあいの子ってところかしらん。
そういったスピリットをもった人に親しい感情を抱いてしまいます。
ちなみに絵が書けない学者はいけません☆
学者は絵心があってこそ―だと思います。

◆それから―あとは、いたずらっこ!
人をびっくりどきどきさせたりするのがだいすきですね☆

◆素顔は孤独を愛するけれども、フレンドリーで毒舌ってかんじ☆
わるいやつではまったくありません。
すばらしい人間的魅力をもった物静かでチャーミングな男です。むしろ。

◆分裂症かなぁ~、どっちかっていえばぁ~☆

◆あ、さいごに言葉の霊に憑かれてますよん、きっと、ね☆

COVIA・F・SKY☆
a0065481_19183211.jpg

by tomozumi0032 | 2006-03-21 04:41 | 自己紹介
←menu