カテゴリ:王 家衛( 4 )

「男は過ぎ去った年月を思いおこす。埃で汚れたガラス越しに見るかのように。過去は見るだけで、触れることはできない。見えるものすべて幻のようにぼんやりと・・・」(作中より)
a0065481_2555584.jpg

りあい日常生活の中では気付くことがないことを、逆に中国映画に鏡のようにして教えられるときがある。自分がアジア人であるということ、そしてこういった人種の中に含まれる「時間を超越した官能性」「生命のエロティックさ」ある意味では「植物的な性のエレガンス」あるいは「距離の美学」といったものが甘く、切なく、美しく、官能的に描かれている。東洋の美しさに満ちた一本―
a0065481_2563831.jpg

◆物語
舞台は60年代―
説明が少なく抽象的で感覚的、それでいてかなり複雑な物語だけれども、要約は以下の通り―

1962―香港
お互い結婚したチャウ(トニーレオン)とチャン(マギーチャン)のふたりがある寮のようなアパート(独立した部屋はあるが、キッチンは共同でリビングがある)に引っ越してきて、出会う。本を媒介にして徐々に距離が二人の距離は縮まり、逆にお互いのパートナー(それぞれの夫、妻)との距離が開いてゆく。チャウが妻とうまくゆかなくなり、チャンの夫が海外出張すると、二人は一緒にレストランで食事をし、お互いにパートナーの好物を、取り替えて味わい合う。帰り際タクシーの中で、チャウは手を重ねようとするが、そらされてしまう。チャウは連載新聞小説を書きはじめて、二人はHOTELの「2046」号室など、場所を変えて、つかの間の逢瀬をつづけるものの、関係は接近とすれ違いを繰り広げる。ある日チャンは寮母に外出をとがめられて、チャウとの関係を考える。再会したチャンにチャウが「シンガポール」へとゆくことがつげられる。夫と別れていないにもかかわらずチャンに「本気」になってしまったためだという。夫の帰国が告げられ二人の別離に。タクシーの中でまたチャウが手を重ねるが、今度は受け入れ、頭をもたれかけさせるチャン。壁をはさんで部屋のシーン。
ラジオからタイトルの「花様年華」の歌が流れる。
花のように魅惑的な年 月のように輝く心 氷のように清い悟り 楽しい生活 深く愛がしあう2人 満ち足りた家庭 でも急に闇に迷い込み つらい日々になる 愛する故郷よ もう一度
 チャウはチャンに最後の誘惑をし、一緒にシンガポールへ来るように告げる。チャンはホテルの「2046」号室部屋へむかうが、すれ違いで、チャウはいない。

1963―シンガポール
チャウは自分の部屋でだれのかしれない口紅のついた煙草を発見する。秘密の囁き方を友人から習う。「大きな秘密を抱えるものは、山で大木を見つけて、幹にほった穴に秘密をささやく」らしい。チャンらしき人物が映し出され、チャウの部屋で煙草を吸っている。チャウに電話がなり、とると、無言でチャンは姿を消してしまう。

1966―香港
アパートにもどって、寮母と会うチャン。寮母はアメリカへ旅立つ。部屋を見て、涙を流す。
「時は移ろい、あの頃の名残は何も残らなかった」

1968―カンボジア
かつての栄華を誇ったアンコールワットの遺跡の穴に、友人に教えられたように秘密を封じ込めるチャウ。ワットの圧倒的に美しい巨大な時間性を湛えた映像美と虫の鳴き声とともに映画はおわる。最後に中国語で説明の文字テロップ。
「男は過ぎ去った年月を思いおこす。埃で汚れたガラス越しに見るかのように。過去は見るだけで、触れることはできない。見えるものすべて幻のようにぼんやりと・・・」
a0065481_258067.jpg

◆解説
この映画は次作「2046」の前の映画ということもあって、2046への布石と思われる箇所も多い。愛のすれ違い、成就することのない不毛な愛、というウォンのテーマは一貫している。そしてここではこの「すれ違い」、「触れ合わ(え)ないこと」がエレガントで芸術的な域にまで高められており、思わず「すれ違うこと」にエクスタシーを覚えてしまうほどに美しく描かれる。「触れ合うこと」や「性」を官能的に描く監督は多いが、ここまで「触れ合わ(え)ないこと」の官能を描いた映画ははじめて。ヴェンダースの「パリテキサス」のガラス越しの男女のシーンではないけれども、いずれにせよ―現代の愛の劇といったところだろうか。
a0065481_2585442.jpg

◆時間性への問いかけ―メタ時間とメタフィクション―  
「時は移ろい、あの頃の名残は何も残らなかった」

「男は過ぎ去った年月を思いおこす。埃で汚れたガラス越しに見るかのように。過去は見るだけで、触れることはできない。見えるものすべて幻のようにぼんやりと・・・」

作中、なんどか登場する時間性への問いかけのセリフが興味深かった。最近のウォンはこの時間性への問いかけから、映画をつくっているのではないだろうか?
未来(2046)―現在―過去(アンコールワットの遺跡)といったウォン時間ともいえるだろう時空間の超越的なメタレベルから組み立てられる物語は、主人公のチャンの職業でもある小説家という設定もあいまって、「時間」というよりは「時間の時間」、「物語」というよりは「物語の物語」、したがって、「愛」というよりは「愛の愛」といった表現への注釈となっているように感じられてしまう―

◆モダニズム
非常にモダンな映画である。
書くということ、話すということ、食べるということ、煙草を吸うということ、愛するということ、生きること、生活することがスタイリッシュでエレガントで抑制されて描かれている。
チャンの衣装も形だけ同じチャイナドレスが場面ごとに模様を替えて、瀟洒で華やかな印象。
モダンであるけれども、表面的であるかといえば、よくわからない。
風景として描かれているのは、たしかに表面的なのだけれども、この表面に非常に複雑な心象や情感が折り畳まれていて、表面が饒舌なので、他の映画にいわれるような表面さではなくて、独特。風景が饒舌で、細部にいたるまで、愛と官能が瀰漫してみえた。

◆花様年華
花のように魅惑的な年 月のように輝く心 氷のように清い悟り 楽しい生活 深く愛がしあう2人 満ち足りた家庭 でも急に闇に迷い込み つらい日々になる 愛する故郷よ もう一度

この映画は故郷への憧れ、そしてもうけっして訪れることのないものへの憧れとその「すれ違い」―という意味で、変わりつつある中国人のある気持ちの代弁、ある空気の言い換えのようにも思った。「故郷喪失者」として都市に暮らす中国人の心情―「すれ違う」ことによって、生じる浮遊したパースペクティブ―その、あるイマージュだろうか?

失われたものを慈しむという意味でメランコリックで退廃的なところもまた独特の詩情となっている。

テンポのよい細かいカットの集積とストップモーション、スローモーションがリズムがここちよい―サッチモのメランコリックなスペイン語の曲もよかった。
a0065481_2591386.jpg

センスのよい東洋人の官能美―
[PR]
by tomozumi0032 | 2007-01-27 00:49 | 王 家衛



2046

 





◆タイトル
 前作「花様年華」のチャンとチャウが約束を果たせずに、すれ違ってしまったホテルの部屋の番号―「2046」―なんだか題名だけで、だいたいこの映画の物語を示唆しているような気もする。
a0065481_404276.jpg

 主人公トニー(前作のチャウ(トニー レオン))の別れの傷を追ったままの女性遍歴が「どうせ一生続く恋などない」という諦念と煙草の紫煙の中で次々と繰り広げ展開されていき、前作同様、それらはどれもが結実しない。けれども前作とはちがって今作では肉体が「触れあい」、セックスに溺れる男と娼婦の女として描写されている。ちなみに娼婦役はチャンツィーでけっこう激しいベットシーンが展開され、前作に較べるとはるかに抑制がなく、乱れ、愛の放蕩劇という印象。
 
a0065481_1338157.jpg

◆2046
  ところで題名の「2046」は前作に較べると、この映画ではもう少し複雑で、時空間の抽象領域であり、<時間>と<空間>の2つの概念上に折り畳まれ描かれている。

 <時間>としての、「2046」は「向かう人の目的はなくした記憶をさがすこと しかし誰一人かえってきた男はいない」―この世の彼岸、「永遠」の概念として語られる。(前作の「アンコールワット」だろうか?)これは後にトニーの書く小説として展開されることになる。空想世界の数字としての「2046」。ここでは木村拓也が主役となって、列車に乗り、そこへ向かう旅をしている。
 <空間>として描かれる「2046」はホテルの一室に結び付けられる。「2046」号室に住むホテルのオーナーとその娘と「木村拓也」の恋愛劇。「木村拓也」は空想世界と現実世界を演じ分ける。その隣の部屋に住む主人公トニー(前作のチャウ)の恋愛劇。そしてそれらはいずれも「タイミングを逸したものであること」が告げられ、いずれもすれ違いに終わる。
 この2つの「2046」が主人公とともに物語を展開させている。

 そこは―どうにも現実感のない、宙吊りの仮想空間といった感じで、現実とフィクショナルが混じってしまっている。これは―映画的独自の空想、あるいは妄想を思わせる。自らの映画や日本映画、押井、999などのアニメ、ヨーロッパ映画、そしてブレードランナー的SF映画などの「懐かしさ」の「ノスタルジー素材群」のカットアップとサンプリング、リミックスによって構成された東アジアのメタフィクショナルな現実混在の試みだろうか?
 
 アジアンポストモダンジェネレーションのモード的、ファッション雑誌的、MTV的な洒落た映像表現だけれども、本当に最近のウォンの表現は複雑で読みにくい。
a0065481_1028127.jpg

[PR]
by tomozumi0032 | 2005-11-20 13:44 | 王 家衛
恋する惑星
Chung King Express
1994 香港
監督・脚本/王家衛
主演/林青霞(ブリジット・リン)
              金城武
              王菲(フェイ・ウォン)
              梁朝偉(トニー・レオン)


a0065481_13494257.jpg

◆すれちがい
 とてもウォンカーワイ的な映画。この後の「天使の涙」「ブエノスアイレス」「花様年華」「2046」は本作「恋する惑星」の発展した「言いかえ」のようにも思う。愛とその答えを宙ぶらりんにして、ひたすら男女を「すれ違わせる」。そしてその「すれ違い」の中に恋愛のドラマを描く。ちょっと都会的な感覚とカメラの遊び、光の遊び、ファッションの遊び、若さの曖昧な美しさ-なんかがMTV感覚というようなスピーディーな感じで表現されていて、やや慌しいカメラワークがある。感覚的なのだけれども、センスがよくて、「お洒落な」っていう表現がぴったりなのかもしれない。
a0065481_8385412.jpg

 賞味期限という都市的でモダンな時間観念、サークルKやマクドナルドのネオンの映像、いわゆる現代生活のありふれた風景が鮮烈な切り口から切り取られている。
a0065481_8381532.jpg

 LOFTのBAGがでてきたり、東宝映画に似たような匂いがしたり、と東京文化の匂いがするところも近親感がわくところ-女優「フェイ ウォン」の不思議ちゃんぶりと「金城 武」の溌剌とした不明さもよかった☆
a0065481_13504252.jpg

[PR]
by tomozumi0032 | 2005-11-13 08:39 | 王 家衛
天使の涙/
堕落天使 fallen angels
1995 香港
監督:ウォン・カーウァイ
出演:金城 武
レオン・ライ
ミシェル・リー
         チャーリー・ヤン
         カレン・モク

a0065481_820719.jpg

色彩とカメラワークが鮮烈でスタイリッシュ-

ちょっと鈴木清順のギャング映画や東宝のやくざもの、それから村上春樹を連想させるものがあって日本人のモダニズムイメージの琴線にふれる。

女が地下鉄を歩いているだけのシーン、それだけのシーンがこんなに魅力的にとれるというのはなかなか凄い、と思った。

基本的に夜を舞台にした映画で、夜に働く殺し屋と肉屋の男の物語で、物語自体はそれほどあるわけではない。が、とにかくこれ以降のウォン映画と同様に「すれ違う」―とにかく「すれ違う」―ただただ「すれ違う」。そしてこの「すれ違う」ことがいろいろな手法のカメラワークで取られていて、とても格好がいい―COOLだ、美しいと思う。

欧米の映画でも美しいと思う映画はあれこれあれども、最終的にはアルファベットの美学だと思う。この映画はアルファベットの格好のよさではなくて、漢字の格好よさを感じる。漢字というのは知的で、構成的、それでいて、深い歴史を秘め持ったものだから、なにかそうしたものの幻影、幻想を見てしまう、のである―
a0065481_8184575.jpg

そして―色々な意味でこの映画は特別なものだ。
若さが噴出すという意味でモダン、軽快な機知という意味でモダン、ファッショナブルでカラフルな色彩に満ちているという意味でモダン、様々な意味でのモダニズムが凝縮された映画で、ミシェル・リーの芸術的オナニーシーンからレオン・ライの奔放な殺人遊戯、金城武のちょっと外れた感じの青春からセンチで爽やかなラストシーンでの昇華に至るまで、独特の美学と調子があって美しい。くり返しになるけれども、「アジア人」や「漢字」というものがこれだけスタイリッシュで都市的に描かれると、眩暈にもにた強い感情に襲われてしまう。国籍というよりは広義の意味での文化圏の美学として見るべき映画だと思う。
つまり―「アメリカナイズ・ヨーロピアンナイズされたポストモダンのアジアの美学」として。
そして最近の成熟して複雑になったウォン映画にはない清涼感、爽やかさ、涼しさがここちよかった。

最後の摩天楼のシーンは「発展するアジア」そのものだ―☆
[PR]
by tomozumi0032 | 2005-11-13 08:17 | 王 家衛
←menu